エンジニアになりたいと思っていても、未経験だと実力をつけていくのは難しいというイメージを持っている方もいるでしょう。しかし株式会社RJCでは、確実にステップアップしていける環境が整っています。そのような環境が整っている理由が、今までに300人以上のエンジニアを育てあげた実績があるからです。またステップアップを目指す研修では、問題を解いていくことで個人に合わせたペースで成長していくことが可能です。

エンジニアを育てるノウハウがある!

株式会社RJCにおける特徴の1つが、経験ゼロの方でも1人前のエンジニアに育てることができるという点です。未経験でも1人前になれるといわれても、もともとある程度の知識がある人のみが対象だというイメージを持っている方もいるでしょう。しかし実際には、経験がほとんどないという方でも1人前に育てられる環境が整っているです。

1人前に育てられる環境が整っている理由が、今までにエンジニアを教育してきた実績があるという点です。未経験者も含めて、今までに300人以上の人材を育ててきています。育ててきたノウハウを活用することで、それぞれに合った形で研修を行っていくことができるようになっています。

また1人前にするためのステップは、スキル面だけではありません。ビジネスマナーやメールに関することなど、社会人として必要なことも含めて学んでいくことが可能です。入社時にスキルだけではなくビジネスマナーも学ぶことで、現場に出てからも問題なく働きやすくなるのです。

平均300問ほどの問題を解いている!

株式会社RJCの研修における特徴の1つが、研修中に多くの問題を解いているという点です。問題を解きながら学ぶことで、確実にステップアップしていくことにつながります。実際に解いている問題数は、平均300問です。この300問という種類の中には、基本的な内容のものだけではなく総合問題やテストのような形式のものも含まれています。

さまざまなタイプの問題があることで、自分の苦手分野などをチェックしていくことにつながります。苦手を意識することによって、克服して自分を高めていくことができるのです。

またすべての演習問題を集計すると1000問以上用意されています。多くの種類が用意されているからこそ、自分に合った形で解いていけます。苦手分野は多めに解いていくなどの工夫をすることで、成長していきやすくなります。このように多くの種類があることで、個人の能力や状況などに合わせた形でエンジニアとして1人前になるための学習が進められます。

間違えた部分は復習してスキルを伸ばそう!

用意されている問題は、解いたら終わりというわけではありません。解いた後に大切なのが、しっかりと復習をしていくという点です。間違えた問題が合った場合には、復習するだけではなく再び講習を受けるなどの形で対応することも可能です。再度講義を受けることで、本質的な部分を理解しながらプログラムを組む能力を高めていくことにつながります。

問題に正解できたとしても、しっかりと仕組みを理解できていないというケースも見られます。そのような問題を正解できたから大丈夫と判断してしまうと、十分に理解できていないなら次は間違えてしまう可能性もあります。そのような中途半端な理解を防ぐためにも、復習のステップが大切です。

また苦手分野があるのなら、わかるまで復習できる環境が整っているというのもポイントの1つです。さらに1度学んだら終わりではなく理解できるまで学習できる環境が整えられています。できるようになってから現場に出られるので、焦らずに学習していくことが可能です。

繰り返し動画を見て定着させよう!

株式会社RJCでステップアップしていける仕組みの1つが、技術を学ぶために豊富な種類の動画が用意されているという点です。動画が用意されていることで、不安な部分についての内容について何度も繰り返し学習しやすくなります。動画なら復習したい部分だけ視聴することも可能なので、繰り返しの学習に適しているのです。

もちろん動画を見るだけではなく、問題演習と合わせて行っていくことが大切です。講義を見たら実践で問題を解いて、間違えた部分は復習するなどのサイクルを作っていきましょう。そのようなサイクルを作っていくことで、確実にステップアップしていくことにつながります。

また問題や動画は、レベル別に用意されているというのもポイントの1つです。自分の理解度に合わせてレベルを選ぶことができるので、無理のないペースで実力を高めていくことが可能です。さらにわかりにくい部分があれば、講師に質問しながら学習を進めることもできます。

まとめ

株式会社RJCでは、それぞれのペースに合わせて実力を伸ばしていける環境が整っています。その秘密が今までに300人以上のエンジニアを育ててきたという実績です。過去の実績をもとに育てるためのカリキュラムを作成し、1000問以上もある問題を解きながら確実に実力を伸ばしていくことが可能です。平均で1人300問ほどを解きますが、レベル別に用意されているので現在の理解度に合わせて取り組めるのもポイントの1つです。